So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
コロンビア ブログトップ
前の10件 | -

Villa de Leyva散策 5 [コロンビア]

ビジャでの散策もここで終わりです。Cafe Plazaという抜群のロケーションでコロンビアコーヒーでも飲んで首都ボゴタに戻ります。この町は首都のビル群の景色とは違いコロンビアの田舎のいい雰囲気を存分に感じさせてくれる場所です。

コーヒーショップの監獄のような鉄格子はコロンビアならではの防犯対策なのだろうな・・・・この景色でこの鉄格子では観光地としてはどうかと思うけれども、夜に泥棒さんに入られないようにするにはこれが必要なんだよな・・・・コロンビアの現状を物語っていますね。

レストランなどは土日しかはなから開けないところもあるようで、混んでいても土日に行くのがいいかもしれません。逆にボゴタを出る時などは交通渋滞も無くていいかもです・・・・

DSC09897.JPG

DSC09896.JPG

DSC09848.JPG

 

 


Villa de Leyva散策 4 [コロンビア]

ボゴタ北部のバスターミナルでは呼び込みのあんちゃんがいて、Villa行きのバスを探してくれます。ときどきその途中の町までバスがありそこまで行けというのもいますが、面倒だし、料金も違う可能性があるので断固として直接(directo)行けるバスを探して待ちましょう。

片道料金は2万ペソ(約1000円)で帰りも時刻表があるの参考にしてください。土日のほうが店が多く開いているし、バス便も多くていいかもね・・・・

バスでの道すがら犬を満載の珍しい運搬車を発見です。日本ではこういうの見ないよなぁ・・・・

DSC09899.JPG

DSC09847.JPG

DSC09843.JPG

DSC09844.JPG

 

 


Villa de Leyva散策 3 [コロンビア]

歴史のある町中にはかわいい街案内看板も多数です。お昼を食べにアサード(肉の丸焼き)屋さんに行くも客はほとんどいなくて土日しか観光客は来ないのだろうな・・・・

焼き肉レストラン店頭の生ジュース絞り屋さんは1500ペソ(約70円)ということで、田舎町ペレイラとほぼ同じくらいの価格で、観光地だからボルという感覚はまだまだすれてないのでここらあたりにはないね。

DSC09857.JPG

DSC09851.JPG

DSC09852.JPG

DSC09869.JPG

DSC09870.JPG


Villa de Leyva散策 2 [コロンビア]

小さな町中には元の役場であったところに博物館があり無料で見学させてくれます。入口でどこから来たのか言われたので日本ですと答え、係員がわざわざ説明までしてくれます。町の歴史やらを説明してくれますが、もちろんスペイン語のみです。

中は撮影禁止だとのことですが、分からないうちに撮った絵と、庭などの外観は撮影OKなので問題はありません。きれいにいきとどいた庭や建物ですが基本はお役所の範ちゅうなので昼から2時間ほどは休んでいました。さすがコロンビア時間でゆっくりです。

DSC09878.JPG

DSC09874.JPG

DSC09875.JPG

DSC09876.JPG

 


Villa de Leyva散策 1 [コロンビア]

首都ボゴタからバスで日帰りで行けるビジャ・デ・レイバはコロニアル風の建物と景色がきれいに残っているいい観光地です。町の中心には広場があり、そこにはこの町を作ったレイバさんの胸像も鎮座しています。

レイバさんの村という日本語がこの町のスペイン語名です。

広々とした広場にかつては多くの人が集まり、語り合ったのだろうな、と思わせる雰囲気の町風景です。いい写真が撮れそうなスポットがたくさんあり、町のすぐ裏の山がまたこの町の創設を見つめているようです・・・

DSC09894.JPGDSC09856.JPG

DSC09855.JPG

DSC09887.JPG

DSC09901.JPG

DSC09891.JPG


コロンビア・最後の首都ボゴタ散策 6 [コロンビア]

セントロの町中ではぬいぐるみも宣伝に熱心です。Del Rodeoという店の前では牛がビラ配りで働いています。店は看板にも強そうな牛を展示で牛好きのオーナーの気持ちがでています。

ホットドッグやらハンバーガーやらの軽食系のレストランで、子供連れでにぎわっています。マクドナルドなどの米系の店もコロンビアには出ているけれども、結構高いんだよな・・・・地元資本のハンバーガーやらチキンの方が数倍安いですよ。

DSC09965.JPG

DSC09966.JPG


コロンビア・最後の首都ボゴタ散策 5 [コロンビア]

日曜日の首都ボゴタは町の壁の絵を塗り替えていたり、その下ではインデヘナのおばちゃん達がアルテサニア作りに熱中したりしています。

駐車場では蚤の市も行われていたので、少し見学です。ただこれといったものはなくて、アルゼンチン・ブエノスアイレスあたりの蚤の市のほうが南米ではおもしろいね・・・・

日曜日のセントロあたりは自転車と歩行者天国で、散歩にはいい環境です。

DSC09955.JPG

DSC09956.JPG

DSC09957.JPG

DSC09954.JPG

DSC09959.JPG

 


コロンビア・最後の首都ボゴタ散策 4 [コロンビア]

丘の上では食堂のおばちゃんやおじちゃんの呼び込みが大変です。ただコロンビアではどこでもコロンビア定食及びコロンビア単調飯で変わらないのだよな・・・

適当に人の良さそうな店員のいる店に入って、コロンビア朝定食である肉入りスープにパン、ココアを食します。これが最後のコロンビア飯だと思うと不思議とおいしいんだよな・・・

軽い食事をして頂上を散策していると、馬に乗りませんか?という人たちの呼び込みもあるのだけれども、この狭い頂上で馬に乗るのも相当大変だと思うけれどもね。

天気はあまりよくなくて寒かったな。

DSC09942.JPG

DSC09946.JPG

DSC09925.JPG

DSC09927.JPG

DSC09947.JPG


コロンビア・最後の首都ボゴタ散策 3 [コロンビア]

丘の頂上にはお土産物屋さんも多数でここ高地らしくコカの葉なども売ってます。紅茶のようにティー・バッグにしていて飲んだりするんだよな・・・・前にコロンビアで一度だけ飲んだことがあるのだけれども、紅茶のようにしていただきます。なんかボーというかフワッていうかそんな感じが飲んだあとしますね・・・

教会には大勢の人たちでトイレも有料ですが混んでいます。日本ではあまり有料トイレというのには慣れていないけれども、こういうところではたいていトイレは有料なので日本の優しさに感激します。800ペソ(約40円)とかそこらの価格ですが、お金を払うという感覚になかなか日本人は慣れませんね。

DSC09941.JPG

DSC09939.JPG

DSC09934.JPG

DSC09933.JPG

DSC09928.JPG

 

 


コロンビア・最後の首都ボゴタ散策 2 [コロンビア]

首都ボゴタでも有名な山の上の散策を最後の最後でしてきた。行ったのは日曜日で平日に行くよりケーブルカーの料金も安くてお得です。

平日15400ペソが日曜日は9000ペソ(約450円)という価格差です。日曜日には山頂にある教会でミサがあることもあるのか価格を下げての展開です。

始めは間違えて歩きで山頂へのコースへ向かってしまったのですが、あわててケーブルカー駅に戻りです。

日曜日の午後は相当混むようなので、早めに行動して早めに帰ることをお薦めします。くまも行きはよいよいでしたが、帰りは山頂駅でかなり待たされました・・・・

DSC09924.JPG

DSC09918.JPG

DSC09914.JPG

DSC09915.JPG

DSC09916.JPG

DSC09917.JPG

 


前の10件 | - コロンビア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。