So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

チロエ島・カストロうろうろ 5 [チリ]

かつてチリといえば東北のおやじがアニータとかいうチリ女に大金を貢いだ事件があったけれどもいまころそのアニータはどうしているんだろうね・・・・今でもチリ人と話をすると地元チリでも有名な話で日本の恥話という状況は変わりません。

さてカストロの町を歩いていたらそのANITAアニータの名前を冠したレストランがあって、あるだけなら驚かないのだけれどもそこの看板に日本語で「いらっしゃい」と完全な日本語で書いてあってドキドキです。アニータがいるのか?こんなところに日本人がいるのか?

さてさて・・・・今回は時間もなく訪問はしなかったけれどもまた行く機会もあるだろうしな・・・ここからバスで1時間ほどの町なので次回は勇気をだして入店してみよう・・・・

よく間違えの日本語は多いけれども、この縦書きの字は日本人または日本に相当精通している人の字だよな。

P1010066.JPGP1010066 (2).JPG

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

モン太郎

いつも目の付け所がすごいですね。
おもしろいです!

アニータさんたまにテレビに出てますよ。
タレントさんになってるみたいです。

あと、カストロのプラサの近くにある宿屋の娘さんが日本へ奨学金留学生として勉強しに行ってました。おととし戻ってきています。

その人が看板を書いたかは定かではありませんが(*o*)
by モン太郎 (2014-02-25 09:50) 

kuma

なんていう宿屋ですか?今度寄ってみます。
by kuma (2014-02-25 20:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。